というわけでまだ熱いうちにガガガっとメモっておくエントリ。

予定は18時半開演ということで18時ちょい過ぎに会場入り。プログラムもグッズも全然買うつもりなくて一度は売り場を素通りしたんだけどやっぱり引き返して買ってしまった。ただのボリューム薄い写真集だとわかってて3000円なんて高いよ!とは思うんだけどね。買っちゃうよね。

座席は3塁側2階スタンドの9列目。絶望的に遠い。。とは思ったものの、ステージを見るのに妨げになるものは何もないし前の席の人も邪魔にならないしこれはこれでアリなのではないかと考え直す。あーあのへんにいるのが8まんえん払ったアホどもかーなんてのもよく見える。
1978110_10151982875928741_334486081_o

というわけで定刻を過ぎること30分、最初から決まってたんじゃないかと思うくらいほぼ19時ぴったりに客電が落ちてドンドコドンドコSEが始まる。でも周りを見ても誰1人席を立たない。どうすんの?始まっちゃうよ!おまえらこのまま座ってストーンズ見る気か?!おれ1人でも立っちゃうけどいい?!

という調子で困惑しつつも高まっていくSEとドキドキ!そしてSEが止んで、、

メンバーがパラパラっとステージに出てきたのが見えて、はいここでキースのギターコードがガーン!!かと思いきや、「レディースエンドジェントルメーン!…」っていうバンド紹介のコールがあった後でカウントから入ってせーので始まる1曲目!!!

1. Get Off of My Cloud

という意表を突いたオープニング!去年のツアーとかでもやってはいるんだけど今回これはまったく予想していなかった!実を言うと会場の音質のせいもあってイントロでは最初何の曲か認識できなくて、ミックが歌い出して始めたところでようやく気づくという恥ずかしいことになってしまったのだけど、これだとわかってもまだ信じられなかった。まさかこの曲で始まるなんて!この時点でもう鳥肌っすよ!!ヘイ!ヘイ!ユー!ユー!!!オブマイクラあ!!

2. It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It)

2曲目にこれ持ってくるのは去年のツアーからの固定パターン。かつてはライブ後半にやる定番曲のうちの1つだったけど、この曲はまあ良い意味で軽いへなちょこロックンロールなので、オープニングの勢いを引き継ぐこの位置がはまる気がする。

3. Tumbling Dice

個人的にはそんなに好きな曲ではないんだけど、こういう横ノリのグルーヴは今のレパートリーでは他にないし、あらためて生で聴くと気持ちいいです。

4. Wild Horses

この曲も生で聴ける機会があるとは思わなかった!1曲目に続いて鳥肌!まあレコードでのあの枯れた味わいが再現できてたとはいわないけど、しっとりとした感動があってよかった。

5. Emotional Rescue

たぶんそれ以前はライブで一度もやってなかったけど去年のツアーから突然レパートリーに加わったこの曲。実はけっこう好きなんすよ。チャーリーのハイハットがキレキレでかっこいいんですよ。ボビーのサックスも渋い。

6. Doom and Gloom

これはね、スタジオ版はタイトでかっこいいと思うんだけどね、まだバンドでこなれてないってのもあるんだろうけど、なんかピリっとしないというか、ただミックがギター弾きたいってだけの曲になっちゃってる気がする。

7. Bitch

「日本のみんなが投票で選んだ曲は、、、」ってスクリーンに日本語で写し出されて発表された結果がこの曲。おれが入れた「Silver Train」は落選しちゃったけど選択肢にあった中ではその次くらいにこの曲も好きだからまあよしとしよう。なんだけど、1曲目からして聴きづらかった音質が、ここにきてホーン隊もピアノもコーラスも全部盛りのこの曲で最悪にぐちゃぐちゃになってしまってなかなか厳しかった。残念。。

8. Honky Tonk Women

そしてさすがにちょっと修正が入ったのか、このあたりからキースのギターを強調する感じになってメリハリが出て聴きやすくなっていった気がする。そもそもこの曲は最初ほぼギターとドラムだけでシンプルに進行していって徐々に音が加わってく感じだから、元からしてバンドの輪郭がくっきりしてわかりやすい構造なわけで、まあこれぞストーンズですね。そしてこの曲は毎回演出がダサいけど今回も例に漏れず。

9. Slipping Away

曲の前にメンバー紹介タイム。まずはおなじみのサポートメンバーから続いてロニー、チャーリー、キースときてこれからキースのボーカルコーナー、っていうところでマイクの前に立ったキースが、いつのまにかステージの隅っこにいたミックテイラーをさらっと紹介。あまりのさりげなさに「えっ?」ってなってしまって特に盛り上がる間もなくさくっと曲に突入。あれそんなんでいいの??そんでもってこの曲はキースのボーカル曲の中では個人的に一番好き。これも生で聴けたのはだいぶうれしい。合間にミックテイラーがちょろちょろとさりげなくオブリガートをからめてくるのがまたよかったあ。

10. Before They Make Me Run

キース2曲目のこれも好きな曲。まあキースの曲だいたいどれも好きだけど。これはライブでよくやってると思うけど過去におれが見た日では一度もやってなかったので今回やってくれてうれしかった曲のひとつ。なんだけど、周りはけっこう座って休憩したりトイレ行ったりする人がちらほら。。なんかこの2階スタンド席って、おれ自身はこの頃はもうステージとの距離はまったく気にならなくなってたんだけど、周りの人のテンションにはバラつきがあってそのへんが微妙だったかな。まあ座席の位置のせいじゃないのかもしれないけど。

11. Midnight Rambler

今回の、というかまあ今回に限らないけどストーンズのライブにおける1つのハイライト。さらに今回はミックテイラーが全面的にフィーチャーされててイントロから弾きまくり!これはやばい!こんなの生で見れるなんて2014年はすばらしいですね!!!何よりミックテイラーがストーンズの日本公演のステージ上にいるんだよ!!たしかに体格的には見る影もないほど変わってるけど、でもでもブロンドの髪の下の顔はあの当時の面影がちゃんとあって紛れもなくあのミックテイラーなんですよ!「It's Only Rock 'n' Roll」のPVでギラギラしたおじさん達に囲まれてかったるそうに(久々にPV見返したらけっこう楽しそうだった)ギターを弾きながら泡に埋もれていくあの華奢な青年の姿からはるか遠いところで、今またこうして一緒のステージに立っているのを見れるとは!やっぱり18000円は高くなかった!(ということにしよう)

12. Miss You

これはまたタイトなチャーリーとザクザク絡むキースがかっこいいよね。ダリル・ジョーンズの見せ場もあるし。誰だトイレタイムだとか言ってたのはw

13. Paint It Black

この曲はあんまり好きじゃないんだよな。暗くて。まあでもこんな暗い曲はスタジアムコンサートに合わないんじゃねとか思ってたけど意外と悪くないかもと思ったりもしました。

14. Gimme Shelter

逆にこれなんかはレコードの原曲ももちろんいいんだけどこういうスタジアムでのコンサートで生まれ変わって新たな魅力を帯びた曲なんじゃないかと思ってて、イントロのギターからパーカッションとかコーラスとか入ってだんだん盛り上がっていってスケールがでかい感じがいいです。中盤で女性コーラスのリサのソロパートがあるんだけど、1人でセンターステージまでの花道をシャウトしながら豊満バディをクネクネさせて歩いてくる姿から渡辺直美を思い浮かべてしまった日本人はおれだけじゃないと思う。

15. Start Me Up

そしてここから怒涛の必殺ナンバー3連発!まずはこれだ!おれが過去に見た3回中2回はこの曲がオープニングでした。まー盛り上がらないわけないですね!たみお!

16. Brown Sugar

ストーンズで一番好きな曲を選べって言われたら散々迷うだろうけどおれはやっぱりこれなんだな。過去に見たオープニングが「Start Me Up」じゃなかったあとの1回はこの曲で始まったのだった。イエー!イエー!イエー!フーーー!!!

17. Jumpin' Jack Flash

ガッガーー!!!イントロ決まった!バッチリ!!もう言うことない!!!細かいことは覚えてない!!!

18. Sympathy for the Devil

いったん引っこむのかと思いきや、すぐにスットコトットコスットコトットコとパーカッションが鳴り始め、ステージ横ではスモークが炊かれ、ステージ背景には燃えさかる炎の映像が映しだされて、呪術的な雰囲気が立ちこめる中でスタジアム中からフーッフーーー!の合唱とともに曲へ。キースのギターは過去のライブのように全編でジャカジャカコード鳴らすのではなく、サビのところまでタメてからズガーーーンとぶちかます!これがもうたまらないわけよ!!

というわけでここで本編終了。。。

19. You Can't Always Get What You Want

アンコールは最初はステージの両サイドに聖歌隊が登場してホルンまで加わってレコードでのイントロを再現。大型ビジョンに映しだされた聖歌隊の皆さんはよく見るとどうやら日本人らしい。この曲が本来持ってるドラマチックな感じが完璧に再現されてて今回のもう一つのハイライトだった。エンディングでアップテンポになってからのチャーリーのドラムがまたかっこいい!

20. (I Can't Get No) Satisfaction

そしてそのままこの曲へなだれ込み! これやったらもう後はないのはわかってるのでありったけ叫ぶ!アケンゲッノー!!

というわけで終演。まとめはとくにありません。お疲れ様でした!4日と6日に行く人も楽しんできてくださいね!!